e-探偵栃木ガイド

e-探偵栃木ガイド
TOP PAGE > 不倫をされてしまったら

不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対し

不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。



ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。



慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。携帯電話は浮気相手との連絡手段として使うのが当たり前だからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたいと思うことは安易に予想できます。



そのため、何気なく電話することは否定できないのです。



浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか選択に困りますよね。



ひとまず冷静になって、栃木の探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。



相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠とは認められません。

浮気調査を栃木の探偵が依頼されたときは、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。


まず栃木の探偵について見てみるならば、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、まず身分を明かしておいて公然と調査を行うことが多いです。


目的の人物の動きを把握するのは栃木の探偵の方が上手く、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。


浮気調査でなにより大事なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。
パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。日々、相手の生活の様子を注意しながらみることは他人に頼まなくてもできますが、浮気の事実を決定づける証拠を手に入れるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの栃木の探偵に頼んだ方が安全、安心です。それに、栃木の探偵にお願いすれば、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

どのような行動をしているか記録することで浮気の裏付けができることもあるでしょう。


基本的に、日々の行動には決まりができるものです。にもかかわらず、浮気をしてしまっていると、決まったパターンが崩れます。変わった時間帯や曜日が特定することができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。


実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

あなたが信頼できる方がいない場合、栃木の探偵に依頼するという方法があります。
GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を把握したり、データログを後から読み出し調べたりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 e-探偵栃木ガイド All rights reserved.